ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

<都知事選'24 街角から>中小企業に目を向けて 台東の衣料品店代表・長田勇次さん(40)

2024-07-07 HaiPress

東京都台東区の浅草橋で、アパレルショップの代表をしています。

コロナ禍で、飲食や宿泊業に対しては手厚い支援がありましたが、私たち物販業者には、何の支援もありませんでした。

うちはオンライン販売などで何とかふんばりましたが、周りにはその時にできた負債のため、今でも苦しい思いをしている経営者がたくさんいます。高齢化なども影響して、廃業した事業所や職人さんもいます。下町で息づいてきた、ものづくりの文化が守られなくなる恐れがあると感じます。

今回の選挙では、中小企業支援を主な公約として掲げている候補者が少ないと感じます。世の中の経済を支えている中小企業にもっと目を向けてほしいです。

都には補助金のメニューはたくさんありますが、調べても見つけにくいし、申請書類の書式はバラバラ。わかりやすいポータルサイトを整備するなど、情報にアクセスしやすく手を差し伸べてくれる状態になればいいと思います。

中小企業の経営者が、何かにチャレンジするときに頼りたくなる都政になることを期待します。(鈴木里奈)


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

全国20刑務所の作業製品即売 あすまで「文京矯正展」

生態系保護の観点から見直しを 昭島の物流施設建設計画 市民団体が市に住民監査請求

選手の送迎、お茶係…「保護者のお手伝い」は一切なし 「学童野球の当たり前」をリセットしたチームの躍進

ベンチ1基400万円、舗装用「テラゾー」は相場の10倍超?…渋谷区が整備を進める「ぜいたく緑道」は妥当なのか

パリ五輪「東京大会より速く」母校で健闘誓う 江戸川出身のパラ競泳・辻内選手 二之江小400人がエール

非形文化遺産文化---恵民県土人形が韓国のキャンパスに入る

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap