ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

潍坊寿光市は農業産業化の発展を継続し、年間生産額は110億元に達した

2024-06-26

ここ数年来、中国山東省潍坊寿光市は農業産業化の発展を継続し、野菜産業の標準化生産、「種子産業の中心地」を構築し、「寿光モデル」の輸出などの面で力を入れ続けている。

IMG_256


  寿光は中国の野菜生産基地として、毎年少なくとも900万トンの野菜が寿光から中国各地に向かい、野菜の栽培面積は60万ムーに達し、ビニールハウスは15.7万個、年間生産額は110億元に達し、年間取引額は200億元に達し、自主研究開発し、植物の新品種権の保護を受けた野菜品種は200個を超えた。

微信图片_20240509102529

寿光市は野菜分野技術革新センターを設立し、山東における野菜種質資源技術標準革新センター、野菜種質リポジトリを設立し、種質資源2.5万部を収集し、保護と登録した自主研究開発野菜新品種205品種、種苗年間繁殖能力18億株を計画した。国産種子の市場占有率は2010年の54%から70%以上に上昇した。

多品种南瓜


  寿光市は寿光野菜の全産業チェーンの優位性を発揮し、寿光農業企業と人材を積極的に「出て行こう」という方針を導き、野菜団地を設立し、栽培管理技術を普及させる。現在、四川、江西、内蒙古などの省・区・市で65の標準化基地を認定し、野菜団地の全チェーン標準化の輸出を迅速的に推進している。

 

「寿光モデル」は海外にも輸出を続けており、現在、寿光は30社以上の企業、協同組合が農業分野の対外業務を展開しており、日本、韓国、ロシア、インド、ウズベキスタンなど30以上の国と地域をカバーしており、年間取引額は30億元近く、年間野菜80万トン余りを輸出している。

突株南瓜

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

全国20刑務所の作業製品即売 あすまで「文京矯正展」

生態系保護の観点から見直しを 昭島の物流施設建設計画 市民団体が市に住民監査請求

選手の送迎、お茶係…「保護者のお手伝い」は一切なし 「学童野球の当たり前」をリセットしたチームの躍進

ベンチ1基400万円、舗装用「テラゾー」は相場の10倍超?…渋谷区が整備を進める「ぜいたく緑道」は妥当なのか

パリ五輪「東京大会より速く」母校で健闘誓う 江戸川出身のパラ競泳・辻内選手 二之江小400人がエール

非形文化遺産文化---恵民県土人形が韓国のキャンパスに入る

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap