ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

濰坊の安丘扇子が国際友人の「芳心」を収穫

2024-05-25

最近、濰坊・安丘市で開催された無形文化財交流展では、安丘扇子の展示エリアがすっかりホットな「人気スポット」となっており、現場に展示された様々な扇面の生き生きとした巧みによって、国内外の観光客が思わず見とれてしまい、称賛を連発していました。

伝統の扇子は夏場で涼みを取るために必要なものとして広く使われていると同時に、歴史の発展、風俗・習慣、芸術の発展などとも密接する文化的な象徴でもあります。

安丘扇子の製造技術は清代から始まり、最初に扇子を製造して販売していたのが安丘県城にある「同和成」という名の店舗です。「同和成」の創始者である徐志堂は蘇州扇子作りの名家に弟子入りして扇子作りの技術を学び、その後も彼は多くの技術の長所を取り込み、次第に独自な扇芸スタイルを形成しました。第5代伝承者である徐玉華は、幼い頃から伝統扇子の薫陶を受けており、名家職人たちを訪ね、古今東西の扇子をコレクションすることを好み、彼は固有の審美を突破し、実用性の上で扇子の造形と型作りの推陳と新出を追求しています。

彼の「一手三合」青扇子の制作技術は、中央テレビ局『匠人匠心』番組に特集されたことがあり、「扇骨の開合、扇面の張り緩め、方寸の間に匠心が凝らされている」ことが安丘扇子の魅力ポイントです。

フランスの観光客Lindaさんは山水の風景を題材にした宋画の扇面で出来た安丘扇子を好きで片時も手放さない、「これは私が初めてで現実にこのような折り畳める扇子を見た、とても巧妙で、中国はいつも私に多くの喜びを与えてくれます!」と言いました。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

2024年媒介传播怎么做?

创新引领未来:第32届华交会的科技风向标

2024年度全球媒介趋势报告

跨越边界,探索未来——第135届中国进出口商品交易大会(广交会)全景解读

深入剖析消费者行为:营销思维下的市场洞察与策略优化

中国芸術家の呉文通が東京2024第17回国際書画芸術大賞展銅賞を受賞

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap