ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

濰坊の無形文化財文創製品が日本の群馬県に登場

2024-05-25

近日、濰坊高新区が株式会社KEKと合同して日本群馬県で「濰坊の無形文化財の魅力を感知し、中日の文化交流を促進する」無形文化財文創製品の紹介活動を開催した。

活動現場では、書道、磁器タイガー、葫芦焼絵などの精巧で美しい無形文化財製品が出展され、筆墨の中に奥深い中国文化を含む書道、無形文化財と現代科学技術を活き活きとして一身に集めた磁器タイガー、独特な技術を持って天然の美を凌ぐほど巧みである葫芦焼絵などが多くの無形文化財の愛好者から称賛と好評を集めています。

活動過程中、濰坊高新区の山東金江国際はまた書道作品や磁器タイガーなどの文創製品を群馬県議会議員の原和隆さん、緑市元市長の石原条さんなどの日本現地の友人に贈りました。石原条さんは「磁器タイガーという素晴らしい贈り物を頂くことによって、私は中国の無形文化財に対して新しい認識と理解を会得するようになり、このような活動を更に開催し、文化交流の中で中日の親睦を増進したい」と発言しました。

今回の活動は、中国の無形文化財の魅力を間近で感じるプラットフォームを日本の友人に提供し、中日の文化交流と発展を促進しました。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

2024年媒介传播怎么做?

创新引领未来:第32届华交会的科技风向标

2024年度全球媒介趋势报告

跨越边界,探索未来——第135届中国进出口商品交易大会(广交会)全景解读

深入剖析消费者行为:营销思维下的市场洞察与策略优化

中国芸術家の呉文通が東京2024第17回国際書画芸術大賞展銅賞を受賞

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap