ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

中国とネパールの文化交流会は恵民と博興県委員会宣伝部の推進の下でオンライン開催に成功した

2023-11-24

11月21日、中国とネパールの文化交流会がオンラインで成功に開催されました。恵民県委員会宣伝部の代表盧樹斌、李艶華、博興県委員会宣伝部の代表邵強、廉欣梅、張琰とネパールShree Chandeswari Secondary schoolBanepa -4,Nala,Kavreの代表Shyam Prasad Pandey、Rita Bade Shresthaが今回の会議に参加した。

d44f9c94701592a5e69db4a40fdb6d4

d1e72172d5826458df4da5eca0141d0 次に、博興県委員会宣伝部の張琰代表は入念に選んだいくつかの書道作品を展示し、併せて中国書道の歴史と特徴を詳しく紹介した。同時に、書道教育の動画を放送して、中国の書道の魅力と書道を学ぶ技

術を施した。

ab3aecf1112de5ecabead338f3b7fbf

ネパール側の代表Shyam Prasad Pandey氏は、ネパール諸国の地理的位置、環境、民族信仰、文化的状況について紹介し、中国側代表にネパールに対してより全面的な認識を持たせた。

最後に、このような文化交流を定期的に行うことをみんなで提案した。将来的には、中国側の先生がネパールの学生に泥塑、切り紙、書道を教え、ネパールの先生は中国人学生にネパールの伝統文化と手工芸品を教える事ができる。各方の代表は熱情に溢れて、文化交流を絶えず強化し、相互理解と友情を増進することを通じて、中国とネパールの関係発展に積極的に貢献をして行きたいと意志を表明した。

 喝采の中で、会議は円満に終了した。今回の中国とネパールの文化交流会は双方の理解と友情を増進しただけでなく、未来の文化交流のために堅固な基礎を築いた。双方の共同の努力の下で、中国とネパールの間の友情はさらに深まり、交流と協力もさらに広がると信じている。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

Virtus Investment Partners社のスポットビットコインETFがついに新規上場決定、暗号通貨が安定的に推移中。

東営市東営区:城南お祭りの文化の趣

濰坊の青少年らが日本・八街市で凧揚げ交流活動を展開

濰坊無形遺産海外旅行 大阪で味わう中国の年越し

春节休み中、山東県の無棣県では、文化観光収入が27.7億元に達し(前年同期比で22%増加しました)

AIRCはまもなく日本でロードショーを行い、Turbo MEX取引所と協力してスマートリタイアメントの新時代を開拓します。

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap