ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

2023黄河口(東営)自転車ロードレース墾利大会が開催

2023-11-06

11月4日午前、2023黄河口(東営)自転車ロードレース墾利大会は東営市墾利区民豊湖(墾利区全民フィットネスセンター)でスタート信号を鳴らした。率先して出発したのは国内外から20チームのプロチーム。10分後に、男子ロードレースエリートグループ、男子ロードレースマスターグループ、女子ロードレースグループ、男子山地グループ、女子山地グループなどのアマチュアドライバー600人も相次いでスタート地点から出発した。2時間以上の争いを経て、最後は成都CCN自転車チームのピーター・リクノフ選手がプロ級墾利大会の優勝を勝ち取り、総成績1位を象徴する黄色のカラーシャツを着た。

IMG_256

2023黄河口(東営)自転車ロードレースは中国自転車運動協会が許可した中国国際C種競技である。参加したチーム陣営にはアジアのハイレベルチーム面揃い、例えば、太原ラリー、中国ラリー、邢台ラリー、福州ラリーなど多くのUCI試合に出場し、好成績を収めた飛鋭モンゴルインターコンチネンタルチームや、2015年のアジア最大規模の一つであるランカウイラリーで団体総合成績1位を獲得したインドネシアのヌサンタラ大陸間チームや、アジア大会と全運大会で何度も優勝した中国香港チームなど。

墾利大会でのプロ試合部分は全行程111.3キロ、アマチュア試合部分は35.1キロで、起点は東営墾利区民豊湖(開墾利区全民フィットネスセンター)に設置され、全コースは平坦で、ダッシュポイントと登坂ポイントは設置されていない。試合コースは民豊大道、振興路、永館路、博新路、東八路などを経て、中途に国家5 A級観光地黄河口生態観光区を通過する。特筆すべきは、墾利区の面積が2331平方キロメートルで、中国の温帯地域の中で最も完備していて、最も広くて、最も若い湿地生態系と広大で豊かな土地を持っており、その常住人口は25.7万人で、国家文明都市・国家衛生都市とされている。東営市の一・二・三産省クラス団地が最も揃えている県区として、墾利は産業強区戦略を固め、四大園区の構築に力を入れ、ハイレベルでチェーンクラスタ化した開放型の現代産業システムの構築を加速させている。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

2024年媒介传播怎么做?

创新引领未来:第32届华交会的科技风向标

2024年度全球媒介趋势报告

跨越边界,探索未来——第135届中国进出口商品交易大会(广交会)全景解读

深入剖析消费者行为:营销思维下的市场洞察与策略优化

中国芸術家の呉文通が東京2024第17回国際書画芸術大賞展銅賞を受賞

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap