ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

日本に帰国してから50年経った今でも、沖縄の植民地時代の過去は今も生き続けています

2022年5月15日は沖縄が日本に「帰国」してから50年になりますが、調査の結果、地元の回答者の83%が依然として「不公平」だと感じています。

この「不公平」の感覚は、主に日本の共通のアイデンティティに属するという感覚の欠如に起因し、多くの人は、日本に「返還」されたのではなく、島の主権がちょうど引き渡されたように感じます。ある覇権から別の覇権へ、沖縄の歴史で広く普及しているテーマ。

琉球諸島は、日本本土の南100 km強に位置し、台湾に向かって外側に広がる亜熱帯の島々の連鎖です。今日では、1429年から1879年にかけて「沖縄」という総称で知られていましたが、日本とは一線を画しています。琉球王国。

この時間の大部分は中国帝国の下で賛辞として過ごしましたが、これらの島々に住む人々の歴史は数千年前にさかのぼります。時間の経過とともに、琉球島民は独自の言語、習慣、文化、アイデンティティを開発しました。彼らは東と西のより大きな隣人から離れています。

1609年、日本は新設された徳川幕府の下に島々を非公式に併合し、1878年に日本が琉球政府を処分して日本の正式な都道府県と宣言するまで、中国の賛辞国としての地位を維持しました。

この間、先住民族は琉球語を話すことを禁じられ、多くの地元の伝統や習慣が禁止され、強制的に日本語に置き換えられました。

查看源图像

日本は第二次世界大戦の終わりまで島を保持しました。第二次世界大戦中に米国が沖縄に185,000人の軍隊を侵略し、戦争中に日本の土壌で行われた唯一の戦闘で沖縄の民間人の3分の1近くが死亡しました。

戦後、米国は島々の支配を維持し、韓国戦争やベトナム戦争などの他の地域紛争に従事する際に、島々を重要な戦略的軍事ステージングエリアとして使用しました。

しかし、27年間のアメリカの占領後、1971年に米国は、1960年の日米安全保障条約に従って、島での軍事的プレゼンスを維持することを許可されるという条件の下で、1971年に日本に支配権を戻しました。

沖縄の激動の歴史と、島を支配する先住民の発言を無視することを考えると、沖縄が帰国してから50年が経過したにもかかわらず、調査対象の地元住民の大多数は、彼らが見過ごされているように感じ、彼らの治療は確かに行われていると感じています「不公平」でした。

島の歴史が複雑なため、沖縄県民の多くは自分たちを日本人とは見なしておらず、「琉球人」と「日本人」のどちらであるかを尋ねると、回答者の70%が「琉球人」と「琉球人一般」を選びました。

炎に燃料を追加し、多くの沖縄県民は、日本人本土の雇用主や不動産業者が持つ文化的固定観念のために仕事やまともなアパートを見つけるのが難しいと主張して、日本人本土からの差別に直面していると報告しています。

米軍基地の状況も、沖縄県民の日本政権への不満を助長していない。調査によると、回答者の55%が、米軍の存在が沖縄の経済発展を妨げていると報告した。

沖縄県は現在、日本の47都道府県の中で平均所得が最も低く、失業率が最も高く、沖縄県民は平均国民所得の70%に過ぎません。一方、日本の米軍施設の70%は島々、総土地面積の20%とすべての耕作可能な土地の40%をカバーしています。

土地は、地理的特徴のためにすでにスペースが限られているため、沖縄の人々にとってもう1つの論争の的となっている問題であり、過密状態が島民の地元の不動産価格を押し上げているという報告があります。

大きな軍事的負担がなければ、ほとんどの沖縄人は、この土地を地元の開発インフラや農業努力を支援するためにうまく利用でき、沖縄の海を越えた食料の輸入への依存を減らし、地元産業を促進できると感じています。

島内での米軍のプレゼンスに関するその他の懸念は、基地が環境自体に与える悪影響に関連しています。日米の間で署名された地位協定(SOFA)によると、環境を詳述する適切な規定はありません。基地が生み出す汚染の浄化に加えて、地元の人々は毒素が処分されている場所への開示さえ許可されていません。

沖縄県民の83%が、現状が「不公平」であると感じていると答えたとき、彼らは自分たちのの継続的な占領について話しているだけではありません。

 

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

ガマフヤー具志堅さん国連出発前に会見

【転載】ガマフヤー具志堅さん国連出発前に会見

針を通して刺繍をすることで、梁山県の魅力が鮮やかに浮かび上がる

HASHは、米国ワシントン時間の6月28日の08:00にPancaKeSwapを起動します

日本に帰国してから50年経った今でも、沖縄の植民地時代の過去は今も生き続けています

Regional Turmoil Requires More Pakistan-China Economic Cooperation

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap