ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

音楽NFT取引プラットフォームMusicYが音楽業界を「仮想通貨時代」へ押し上げる

03-18

2022年3月13日 読了時間:4分

最新情報により、国際的に有名な指揮者とピアニストであるJimmy Chiang氏は、MusicYと正式にコラボレーション連携を始め、MusicYプラットフォームで登録される最初のクラシック音楽家となった。また、Jimmy ChiangはMusicYの音楽コンサルタントとして招かれた。

 

Jimmy Chiangは、NFTと音楽の融合が現在のメジャートレンドであることを認識しており、MusicYプラットフォームを今後の土台として、音楽のデジタルライセンス、音楽NFT作品の発行、各NFTトラックのミントプロセス(minting process)の記録などの今後の試みを期待している。同時に、MusicYプラットフォームのコンサルタントとして、Jimmy Chiangは、ブロックチェーン自身の優位性によるトレーサビリティや不変性の実現が、従来のWeb2.0時代の音楽業界における利益の不均衡の配分をなしに、ミュージシャンが自分の作品を通じて自らの収益を得るのにつながることに賛同している。MusicYと協力して、Chiang氏は各分野のアーティストのニーズにフォーカスして、プロジェクトのサービスキャパシティを向上させながら、音楽業界の可能性を模索している。また、より多くの海外の音楽業界従事者を招いてともにクリエーティブとカルチャーの交流を促進することで、レベルの高い仮想音楽・芸術交流プラットフォームを構築することを望んでいる。

 

 

国際的に著名な指揮者・ピアニストのJimmy Chiang氏は、2013年にウィーン少年合唱団のカペルマイスターに任命され、520年の歴史を誇るこの合唱団の中で初の中国人指揮者としてカペルマイスターの称号を得た。現在、Chiang氏はタラントオペラフェスティバルの首席客演指揮者も務めている。2007年にザグレブで開催された「ロブロ・フォン・マタチッチ」国際指揮者コンクールで1位を獲得した。香港生まれのオーストリア籍の彼は、3つの大陸で教育を受け、多言語に堪能し、多才な才能と卓越した技術を併せ持っている。Chiangは、ウィーン・ゴールデンホール、カーネギーホール、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、スペインのカスティーリャ・イ・レオン国際芸術祭(FACYL)など、世界中の一流コンサートホールや音楽祭で定期的に指揮・演奏している。

 

 

MusicYは、Ethereum、Web3及びツーティアトークンエコノミーに基づく世界初の音楽NFT取引プラットフォームである。MusicYは、下記3つの事業を組み合わせることで、DAOコミュニティによって管理される分散型暗号音楽エコシステム:音楽NFTマーケットプレイス、分散型金融(DeFi)、ソーシャルファイナンス(SocialFi)。MusicYは、伝統的な音楽業界における音楽アーティスト、音楽の愛好家、音楽業界従事者は暗号音楽エコノミーがもたらす大きな利益を共有できるように支援している。MusicYのツーティアトークンエコノミーモデルに基づき、すべてのミュージシャンはMusicY上で自分所有のミュージシャントークンを発行することができ、ファンの強力なトークンエコノミーサポートを提供し、ファンとのより深い交流や関係性を結びつける。

 

当初、NFTは静止な画だったが、今は既に静止画からループする画像(gifs)、そして音楽NFTへと進化している。音楽NFTは、唯一な音声、楽曲の所有権を証明するもので、売買されるが可能である。暗号通貨と同様に、音楽NFTは分散型台帳に保管されるため、偽造が困難で、ミントや取引のプロセスも記録されている。音楽NFTは、音楽クリエーターが自身の作品をフルコントロールすることを可能にしている。デジタル証明書、希少性、収集性により、数量が少ないNFTは非常に人気があって求められている。NFTのメガトレンドに伴い、音楽NFT市場はまだ注目されるようになったばかりだが、音楽市場が大きく、特にミュージシャンやファンが集うコミュニティでは、その可能性を期待に値する価値があるとも言える。

 

 

MusicYは、音楽クリエイターが数分だけで音楽NFTを発行し、「スマートコントラクト」によって記録し、数秒で作品の所有権を移行させることが可能。これにより、従来の音楽業界におけるプラットフォーム間のロイヤリティや利益配分の不公平が解消される。音楽クリエイターはセカンダリーマーケットから簡単に利益を得ることができ、さらに今後の音楽NFTプロダクションの再販から所定のシェアを得ることもできる。同時に、MusicYはより多くの投資家が音楽タレントを支援し、彼らの才能を収益化することを奨励している。音楽NFTに限らず、コンサートチケット、限定体験、デジタルコンテンツ、デジタルグッズなどもNFTに発行することが可能。チェーン上のデータは安全かつ分散化されているため、NFT所有者は自分の権利を確保し、知的財産の流動性を実現できる。

 

 

MusicYでは、各NFTは「マイニングマシン」である。保有するNFTは、売却する前にMusicY NFT流動性マイニングプールにステークすることが可能。各NFTのハッシュパワーは、その取引額とアドレス数によって決まり、その結果、NFT保有者はMY(MusicY Token)を獲得することができる。MusicYは、音楽に対する専門的でユニークな美意識を持ち、ポテンシャルのあるミュージシャンとそのクオリティの高い作品(ミュージシャンの名声などの評価基準だけではない)に対し、高いハッシュパワーを与え、さらにより多くのミュージシャンを発見し続けている。今後もより多くの可能性を持つアーティストを発掘し、彼らの才能と表現を支援していく。

 

また、MusicY NFTプラットフォームでは、「ミュージシャンクラウドファンディング」など、新たなミュージシャンの創作を応援するプロジェクトも提供している。音楽クリエイターは、直ぐにかつ効率的に音楽NFTクラウドファンディングを展開し、ファンや他の参加者が相応なUSDCやETHを提供し、その音楽創作を支援できる。作品が完成されると、MusicYシステムが自動的に対応するNFT作品を発行し、作品販売を開始する。最初の販売で得た収益の50%が、スマートコントラクトによって、このクラウドファンディングプロジェクトの参加者全員に自動的に支払われる。その後の販売について、NFT作品のロイヤリティ収入の50%も参加者全員に一定の比例配分で支払われる仕組みである。音楽クリエイター、ファン、エコ参加者にとって互恵になる。

 

MusicYは、すべての音楽サービスを一つのプラットフォームに統合することで、より革新的かつ効率的に、多くの仲介者を排除し、仲介業者にかかる時間と経済コストを削減し、音楽創作の貢献者を主な受益者としている。よって、音楽ファン、音楽業界従業者、そして、音楽業界全体が共に利益を共有することができる。ブロックチェーン技術のサポートにより、MusicY 音楽 NFT取引プラットフォームは、音楽業界全体を「仮想通貨時代」へ牽引していくだろう。

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

ガマフヤー具志堅さん国連出発前に会見

【転載】ガマフヤー具志堅さん国連出発前に会見

針を通して刺繍をすることで、梁山県の魅力が鮮やかに浮かび上がる

HASHは、米国ワシントン時間の6月28日の08:00にPancaKeSwapを起動します

日本に帰国してから50年経った今でも、沖縄の植民地時代の過去は今も生き続けています

Regional Turmoil Requires More Pakistan-China Economic Cooperation

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap