ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

京都府とJAL、「地域活性化包括連携協定」を締結

2022年1月24日
京都府
日本航空株式会社

 京都府(本庁:京都府京都市、知事:西脇 隆俊)と日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)は、コロナ禍を契機として新しい生活様式や多様な価値観が広がる中、「持続性の高い地域づくり」や「新しい時代の観光振興」を推進するため、2022年1月24日付で「地域活性化包括連携協定」を締結します。
【協定・連携事項】
(1) 観光・地域振興に関すること
 <観光>
 ・「JALふるさとプロジェクト」の「地域プロモーション」にて、京都を特集(2022年2月)
 ※機内誌「SKYWARD」や国際線・国内線の機内ビデオによる情報発信、
  国内線ファーストクラス機内食にて京都府産食材などを使用した夕食を提供 など
 ※2022年1月24日付 JALプレスリリース 『2月の「地域プロモーション活動」で「京都」を特集』
  https://press.jal.co.jp/ja/release/202201/006473.html 参照
 ・DMOとの観光地域づくりに関する連携
 ・国内・海外からの誘客を目的としたJAL Webサイトからの情報発信
 <地域振興>
 ・食とスポーツの振興
  ※京都の食文化の魅力掘り起しやスポーツ分野における地域活性化の取り組み
 ・京都府が推進する地域振興に関わる各プロジェクトへの協力(「京都府子育て環境日本一」など)
(2) 関係人口の拡大に関すること
 ・新たな旅・移動スタイルの提案による関係人口の拡大
  ※府域での二地域居住・ワーケーションや歴史的資源を活用した寺泊などの推進
 ・地域との連携プログラムの実施
  ※短期農業研修などの就農体験を通じた、生産者が抱える課題への支援
(3) 伝統文化・産業の振興に関すること
 ・京都の伝統文化・遺産を保存継承するための持続可能な観光づくり
 ・地域の産品・工芸品の振興(商品化から販売までの総合的支援)
 ・越境EC(海外)、JALふるさと納税(国内)による京都ブランドの販路拡大
(4) 人づくり・人財交流に関すること
 ・インターンシップや学生向け企画支援による次世代人財育成
  ※エアラインスタディプログラム(学生とJAL海外地区との交流事業)による国際人財育成
 ・観光振興・誘客に関する人財交流
(5) その他地域活性化に関すること

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

山東省滨州市:無棣県車王鎮崔什コミュニティのマイクロ工場、国際注文に追われて忙しい日々

濰坊の無形文化財文創製品が日本の群馬県に登場

濰坊の安丘扇子が国際友人の「芳心」を収穫

中国の茶本酒が日本に華麗に登場

Vengard Mining、ビットコイン半減期に向けた戦略的拡張と将来のロードマップを発表

カザフスタン代表団が肉牛産業考察のため陽信を訪問

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap