ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

FincyがGBCIから1100万ドルの資本注入を獲得

09-12 coinsure

111.png

国際主流メディア「商業時報」、「企業者」などによると、シンガポールの創業したばかりの金融科学技術企業Fincyはその親会社GBCIから1100万ドルの資本注入を獲得した。その資金はFincyが東南アジアでの技術サービスおよび市場の発展に応用される。

 

「企業者」によると、今回Fincyへの投資はGBCIの二回目の創業したばかり企業への投資であることが分かった。その目的は知恵都市計画のさらなる着地に協力することである。2018年の年末、GBCI Ventiresはその知恵都市ファンドに一億ドルの資金を募集した。そして、2019年にロボット、人工知能及びVR技術のためのファンドを成立した。GBCIはすでに複数の起業したばかりのモノネットワーク会社及びそのほかの金融科学技術会社に投資し、これらの企業が提供する能力はGBCIの生態系の拡張に戦略的な意味を提供する。


Fincyはシンガポールの起業したばかりの金融科学技術会社であり、2019年に顔義東(Douglas Gan)、Vanessa Kohと林明旺(Lim Ming Wang)によって創立され、多貨幣種の財布を作ることによって貨幣の両替を簡略化し、既存の金融サービスのために流動性、信頼性、持続可能な発展の代替案を提供することを目的とする。また、ユーザーは、アプリケーションにおいて自分のソーシャルネットワークを構築し、非接触移動による支払いを行うことができるようにする。

2222.png

Fincy co-founders (from left): Vanessa Koh, Lim Ming Wang, Douglas Gan / Photo credit: Fincy

 

Fincyの共同創始者で最高技術責任者のVanessa Koh氏は、「GBCI Venturesのこのリスク投資はFincyに対する大きな信頼であり、Fincyは現実の貨幣問題を解決する革新的な金融科学技術解決案であるため」と述べた。

 

Fincyはこの資金を利用してシンガポールにおける顧客基盤を拡大し、その成長と拡大を加速させるという。まず東南アジアにある。同社はすでにシンガポール中央ビジネスエリアの6700平方キロフィートオフィスに目を向けており、技術、製品開発、コンプライアンス及び販売及びマーケティングチームのために良い仕事環境を創建している。

 

また、Fincyは新たに獲得した資金を利用してシェアを拡大し、そのうち約100万ドルが人材導入に利用され、新たな本部を建設し、アジアにおけるデータセンターネットワークを拡大し、50名の「戦略的」なハイテク人材を採用する。現在Fincyはアジアで500人以上の従業員を持ち、カンボジアとシンガポールの数千人の取引先と提携しています。特にカンボジアでは、Fincyは700社以上の企業に受け入れられており、40社以上の会社が給与の支払い方法として利用している。

 

「金融洞察」の関連記事によると、Fincyは現地政策法規の許可の下で、Fincyユーザーは現地銀行を通じて電子マネーに振り込むことができ、更に合理的な為替レートで通貨の交換ができ、取引費用は0%まで安くなるという。ユーザーに便利で安心なサービスを提供すると同時に、Fincyも技術的に磨き続け、製品の機能特性を豊富にし、ユーザーが獲得と取引の際により豊かなシーンを楽しむことができるようになった。

ソース:http://www.8coint.com/2020/09/fincy/

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

NFTの一番人気のプロジェクト:Dragon Ball Chain

NFTプロジェクトの業界のべーンは?

BYD Launches e-Platform 3.0 with the New Concept Car Ocean-X Unveiled

Global Trust(GT)オンラインクレジットカード返済プラットフォームは、日本の金融界の大きな注目を集めています

何健華——中国芸術家作品の国際オンライン展

エアロゾル化吸入ワクチンの開発を模索しているラッフルズネブライザーは、エアロゾル化専用ワクチンの1つになる可能性があります

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap