ホーム 自動車メーカー 親子教育 娯楽 モバイルゲーム 技術 もっと

開会式 はつらつと入場行進 甲子園目指し251チーム<高校野球・東京>

2024-07-07 HaiPress

全国高校野球選手権東・西東京大会の開会式で入場行進する選手たち=いずれも神宮球場で

夏の甲子園出場をかけた全国高校野球選手権東・西東京大会の開会式が6日、神宮球場(東京都新宿区)であった。曇り空でも蒸し暑い中、選手たちははつらつとした表情で入場行進した。(昆野夏子)

開会式で選手宣誓をする帝京の西崎桔平主将

選手宣誓で、春の都大会を制した帝京の西崎桔平主将(3年)が「仲間とともに、感謝の気持ち、熱き思いを、魂を込めて全力でプレーすることを誓います」と堂々と誓った。その後の取材に「試合より緊張した。自分自身の経験を踏まえて、しっかり思いを言葉に乗せられた。挑戦者の気持ちで、一戦必勝で戦う」と話した。

昨年の東東京代表・共栄学園の高橋祐稀主将(同)は「グラウンドに立って、『今年もやってやるんだ』という気持ちになった」と話した。同じく昨年の西東京代表・日大三の土井貴仙主将(同)は「プレッシャーはある。一つ一つのプレーに集中して、やるべきことをやる」と意気込んだ。両校はいずれも、ノーシードから優勝を目指す。

東大会には139校・127チーム(連合5チーム)、西大会には131校・124チーム(連合3チーム)が出場する。試合は7日から12球場で実施。日程が順調に進んだ場合、決勝は東大会が29日、西大会は28日にいずれも神宮球場で行われる。


免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。

最新の

全国20刑務所の作業製品即売 あすまで「文京矯正展」

生態系保護の観点から見直しを 昭島の物流施設建設計画 市民団体が市に住民監査請求

選手の送迎、お茶係…「保護者のお手伝い」は一切なし 「学童野球の当たり前」をリセットしたチームの躍進

ベンチ1基400万円、舗装用「テラゾー」は相場の10倍超?…渋谷区が整備を進める「ぜいたく緑道」は妥当なのか

パリ五輪「東京大会より速く」母校で健闘誓う 江戸川出身のパラ競泳・辻内選手 二之江小400人がエール

非形文化遺産文化---恵民県土人形が韓国のキャンパスに入る

© 著作権 2009-2020 毎日の时事    お問い合わせください  SiteMap